食の風
ただ今募集中。「第23回沖縄食材スペシャリスト検定in那覇」は、那覇市ぶんかテンブス館3階会議室にて、7月21日(日)に開催します。合格への近道の「検定対策セミナー」は、7月14日(日)午後及び7月21日(日)午前中に「直前対策セミナー」を開催いたします。ただいま受講生を募集中です。メールやFAXにて申込み受付しております。

食の風では、沖縄県議会に「種子法条例に関する陳情」を
提出しておりますのでご報告いたします。

(理由・背景)
平成29年4月に主要作物種子法の廃止法案が可決され、昨年4月より施行、
また種苗法の改正によって、米、麦、大豆の種子に関する「自家採種の禁止」という、
代々継がれてきた品種を伝承できなくなる恐れが生じてきた。
ここ沖縄県においては、在来大豆のオーヒグー、や高アンダーなどの
種継ぎや在来品種の継承が危ぶまれている。
 また、種苗法の改正によって、在来種のサトウキビの苗、
パパイヤの苗や果実の苗などが、多国籍企業の遺伝子組み換え品種に
席捲されてしまうことが危ぶまれている。
 すでに他県の67市町村にも渡る自治体は、種子法条例を新たに議決、
政府に意見しているが、沖縄県ではまだ条例を発令しておらず、不安であるため。
 ついては、下記事項につき配慮してもらいたい。


(願意・要望)
1 沖縄県は独自に主要農作物種子条例を県議会で議案に挙げ、議決してほしい。
2 沖縄県は独自に主要農作物種子条例を知事名で公布してほしい。